trigger(eventType [, options ])

Wrapper DOM ノードのイベントを発火します。

Triggerは options オブジェクト形式で行います。options オブジェクトのプロパティがイベントに追加されます。

  • 引数:

    • {string} eventName 必須
    • {Object} options オプション
  • 例:

import { mount } from '@vue/test-utils'
import sinon from 'sinon'
import Foo from './Foo'

const clickHandler = sinon.stub()
const wrapper = mount(Foo, {
  propsData: { clickHandler }
})

wrapper.trigger('click')

wrapper.trigger('click', {
  button: 0
})

expect(clickHandler.called).toBe(true)
  • イベントターゲットの設定:

trigger は Event オブジェクトを生成して、Wrapper.element にイベントを送ります。
Event オブジェクトの target 値を編集できません。つまり、 target を オプションオブジェクトにセットすることはできません。
target の属性を追加するには、 trigger を実行する前に Wrapper.element の属性にその値をセットする必要があります。

const input = wrapper.find('input')
input.element.value = 100
input.trigger('click')