Vue Router と一緒に使用する

テストへ Vue Router のインストール

テストで Vue のコンストラクタベースの Vue Router をインストールしないでください。Vue Router をインストールすると Vue のプロトタイプの読み取り専用プロパティとして $route$router が追加されます。

これを回避するために、localeVue を作成し、その上に Vue Router をインストールすることができます。

import { shallow, createLocalVue } from '@vue/test-utils'
import VueRouter from 'vue-router'

const localVue = createLocalVue()
localVue.use(VueRouter)
const router = new VueRouter()

shallow(Component, {
  localVue,
  router
})

Vue Router を localVue にインストールすると $route$router が読み取り専用プロパティーとして localVue に追加されます。これは VueRouter をインストールした localVue を使用しているコンポーネントをマウントする時、 mock オプションで $route$router を上書きすることができないことを意味します。

Vue Router をインストールする時、router-linkrouter-view コンポーネントが登録されます。これは、それらをアプリケーションにインポートする必要がなく、アプリケーションのどこでも使用することができます。

テストを実行する際には、マウントしているコンポーネントにこれら Vue Router のコンポーネントを使用できるようにする必要があります。これらを行うには 2 つの方法があります。

スタブを使用する

import { shallow } from '@vue/test-utils'

shallow(Component, {
  stubs: ['router-link', 'router-view']
})

localVue による Vue Router のインストール

import { shallow, createLocalVue } from '@vue/test-utils'
import VueRouter from 'vue-router'

const localVue = createLocalVue()
localVue.use(VueRouter)

shallow(Component, {
  localVue
})

$route$router のモック

時々、コンポーネントが $route$router オブジェクトから引数によって何かをするテストをしたいときがあります。これをするためには、Vue インスタンスにカスタムモックを渡すことができます。

import { shallow } from '@vue/test-utils'

const $route = {
  path: '/some/path'
}

const wrapper = shallow(Component, {
  mocks: {
    $route
  }
})

wrapper.vm.$route.path // /some/path

よくある落とし穴

Vue Router をインストールすると Vue のプロトタイプに読み取り専用プロパティとして $route$router が追加されます。

これは、$route または $router をモックを試みるテストが将来失敗することを意味します。

これを回避するために、テストを実行するときに、Vue Router をグローバルにインストールしないでください。
上記のように localVue を使用してください。

results matching ""

    No results matching ""